ローソク足、移動平均線、出来高、信用残のこの 4 つを組み合わせて勝率を上げましょう。 これまでの4つのポイントは、相互に株価に影響し合っています。 投資判断として総合的に分析しよう。

1 ローソク足
まず中期的なトレンドラインを書いてみよう。そして、多様な「買い」「売り」サインが相 場の転換を示しているかチェックしましょう。 日足、週足、月足、年足をうまく使い分けましょう。

2 移動平均線
13 週線(短期)と 26 週線(中期)の特徴と、ローソク足との関係(離れすぎると元に戻る) を把握しましょう。ゴールデンクロスやデッドクロスが売り買いの急所となったり、上昇 局面では下値支持線、下降局面では上値抵抗線となることもあります。

3 出来高
株式の需要(「需要=買い」と「供給=売り」の関係)は株価に大きな影響を与えます。 また価格帯出来高は上値、下値のフシになることもあります。

4 信用残
信用取引の売り残・買い残の動向は株価にインパクトを与える。2つの残高の動向をチャ ックする癖をつけましょう。


▼マネーや最新情報に関する無料メルマガを配信中!

メルマガ登録はこちら

Twitter