なぜ、動画と会員制ビジネスなのか?

実は、動画と会員制ビジネスは非常に相性がいいのです。

もし、あなたが動画コンテンツを発信しているのであれば、
会員制ビジネスを始めるだけで、毎月の売上は劇的にアップします。

1、大資本がいらないから手軽に始められる

お金がかかるとしたら、ビデオ、三脚、照明器具程度でしょう。
安く買えば10万円以下の低資本でビジネスをスタートできます。

もしこれが、物販、飲食店など多くの人を雇わないといけない
ビジネスをやろうと思うと、銀行から借り入れしたりなんやりで、
500万円~または1,000万円以上まとまった資金が必要になってきます。

さらには、立地に左右されやすい店舗も必要としないので、
駅前の高額物件を借りる必要もありません。

オフィスの一室やレンタル会議室を使えば十分です。

2、在庫リスクがない

仕入れリスクとも言いますが、普通物販ビジネスでは、商品を先に仕入れる
必要があります。

サプリメントであれば、1ロット1,000個、少なくとも300個からの
発注になるので、売れるか売れないかわからない商品を仕入れるのに
初期投資がかかる訳です。

物を売る商売である以上、有形になるので、保管するスペースとして
家賃も発生します。

動画はデジタル商品なので、そのリスクが一切ありません。

3、利益率が高い

デジタルコンテンツ特有のメリットですが、配送費も、仕入れ費用も
いりません。

商品の受け渡し方法として、データファイルをメールでピッと送るだけで
完結です。人件費も外注すればかなり抑えられます。

その為、利益率が8割、9割を越えることがざらにあります。

上場企業で、5~10%の利益率があれば優良企業と言われるぐらいですから
利益率が高いのは非常に経営面でメリットです。

ネット企業が続々と上場しているのも、この利益率の高さを活かして
事業を拡大しているのがポイントですね。

4、ソーシャルとの相性が良く、広告費を掛けずに集客できる

何でも商売は集客と集金がキーワード。
集客の面では、動画の会員制ビジネスは、ソーシャルとの相性が
良いので、見込み客を無料でざくざく集めることができます。

Twitter、Facebook、LINEなど、SNSユーザーによる口コミで
自然拡散させる仕組みを作れば、会員がどんどん増えるのと比例して
収入もどんどん右肩上がりです。

5、最大の魅力、継続収入が入る

単発商品ですと、一度売ったら終わりです。
毎月新規顧客を探してセールするしなければいけないとなると
かなり大変ですし、翌月の売上見込みも立てづらいので
経営面、精神的にもかなり負担です。

その点、会員制ビジネスなら、一定の退会者がいても、
ある程度の売上予測が、現在の会員数から予測できます。

1ヶ月10,000円の会費で、会員が100人いたら
単純に、毎月1,000,000万円の売上が、一切のセールスなしで
振り込まれます。


▼マネーや最新情報に関する無料メルマガを配信中!

メルマガ登録はこちら

Twitter