あなたの目標とする理想の生活を実現する為にも、定年を向かえる前に資産形成のマネージメントを行う必要性があります。

周知のとおり、国から支給される年金支給額だけでは、定年後の生活は安心とはいえません。今こそ、『自分年金作り』が必要なのです。

その前に、まずは、老後の生活にかかる費用、受け取れる年金の金額、予測される支出についてきちんと理解しておく必要性があります。

今の社会保障制度では、老後の生活はさらに厳しくなる

社会保障制度とは、ご存知のとおり、公的年金は現役世代が支払う保険料で高齢者の生活を支える仕組みです。
高齢社会では当然、支払い総額は増え、1人あたりの受給額は減るはずで、これまでのように高齢者が年金だけで生活するのは困難になるでしょう。

さらに、日本は財政難で、消費税などの引き上げも、 もはや避けられない状況になっています。

社会の仕組みが変わるなか、高齢者の生活環境は厳しさを増し「資産の保全」は必要不可欠なテーマとなっています。

超低金利の預金では、お金は増えない

経済の成長と共に所得が伸び、銀行に貯金さえしておけば高金利でお金が殖えた時代は終わりました。
昨今のような低成長・低金利の中では、預金にだけ頼っても資産は増えないことは明白です。

かつてはネガティブなイメージの強かった投資も、今では「貯蓄から投資へ」の機運が高まっています。

誰しも、豊かな老後を手に入れる為に「積極的投資」が求められる時代に突入しました。


▼マネーや最新情報に関する無料メルマガを配信中!

メルマガ登録はこちら

Twitter