主に銘柄選びで失敗している人のパターンとして以下の3つがあります。

1、株式評論家の推奨する銘柄を何も考えずに買っている
2、有名な投資家が買っている銘柄を真似して買っている
3、儲かった人の話を聞いて全く同じ銘柄を買ってしまう

上記の3つに当てはまっているかぎりは、いつまでたっても 投資で利益を出すことは困難です。

投資のプロやアナリストが推奨する銘柄が確実に 上がるという保証はどこにもないのです。

彼らの推奨銘柄は、あくまで「参考にする」程度にして自分が銘柄を選ぶ際の 判断材料の1つとして割り切りましょう。

また、「知名度の高い優良企業の株なら安心だ。」という理由で誰もが知っている 銘柄を何も考えずに購入される方もいます。

「値上がりする銘柄」という視点から考えると、割安でもない価格になっている場合があるのです。

最終的に購入する銘柄を選ぶ決定権はあなた自身にあります。

銘柄選びの際は、視野を広げて幅広い情報をもとに選ぶように心がけましょう。

銘柄選びの手順について

◎【銘柄を選ぶポイント】によって、自分なりに銘柄を選ぶ。

◎選んだ銘柄について、日経新聞や会社四季報、会社情報などによって、どんなセ クターに属しているのか、そのセクターには他にどんな銘柄があるのか、株価や出 来高をチェックする。

◎業績や財務状況そして今後の見通しなどを調べる。

◎現在の株価が割安か、割高かそれとも妥当な水準なのかを判断する。

◎チャートで株価の位置を確認する。


▼マネーや最新情報に関する無料メルマガを配信中!

メルマガ登録はこちら

Twitter