1 なじみのある商品を扱っている
いつも使っているシャンプーなど、なじみのある製品を扱っている企業なら、新商品情報 や企業の動向、業績に自然と目が向くはずです。

2 魅力的な株主優待を提供している
株主優待は企業によって様々。自社商品の割引券や商品そのものを送ってくれる企業もあ ります。株主優待がない会社もあるので注意。

3 業界全体が成長している分野である
勢いよく成長している企業の株価は上昇する可能性が高い。 バイオや福祉関連など社会的ニーズの高い業界なども注目です。

4 社会的信用を裏切らない会社である
新聞やテレビ、雑誌などでその会社に不正疑惑がないか調べておきましょう。 粉飾決算やリコールなどの事件が起きると株価暴落の可能性もあります。

5 株式に使う「予算」を明確に決める
生活費や短期的に使う予定のあるお金まで株式につぎ込んでしまうのは危険。 予算が決まれば、自然と買える銘柄は決まってきます。

5 つの定性的な評価分析と共に、代表的な定量評価をチェックする。 * 配当利回り
* 株価収益率(PER)
* 株価純資産倍率(PBR)
* 株価キャッシュフロー倍率(PCFR) * 株主資本利益率(ROE)


▼マネーや最新情報に関する無料メルマガを配信中!

メルマガ登録はこちら

Twitter