上場している株式は証券会社を通じて購入可能です。

株式の購入金額は、「株価×売買単位」で決まります。

例えば、1 株 10 万円で売買単位が 1 株なら「10 万円」から取引が可能です。 株価が 5,000 円で売買単位が 10 株なら「5 万円」から買えます。

つまり、いくら株価が高くても売買単位が少なければ小額資金で買えるし、逆にいくら株 価が安くても売買単位が多ければ資金も沢山必要になるということです。 売買単位は企業によってまちまちなので、投資先をリストアップしてから調べてみましょう。

さらに、一定金額を「保証金」として預け、証券会社などからお金や株を借りて売買する 「信用取引」という制度もあります。

株の購入金額は、「株価×売買単位+手数料=取引に必要な金額」

例)
トヨタ:4,000 円(株価)×100 株(売買単位) =400,000 円(取引に必要な金額)+手数料
大京:3,500 円(株価)×50 株(売買単位) =175,000 円(取引に必要な金額)+手数料

・株式には「売買単位」が設定されている。 金額は株価×売買単位+手数料で決まる。
・ミニ株、信用取引などのサービスを使えば、小額から投資を始められる。


▼マネーや最新情報に関する無料メルマガを配信中!

メルマガ登録はこちら

Twitter