自分の投資スタンスに適した自分なりのルールを作ります。

株式の値動きに対するルールでは、「買値より上がったとき、下がったとき、思うような値 動きがなかったとき」にどうするかをあらかじめ決めておくことが大切です。

【投資判断内容】
・売るのか?
・持ち続けるのか?
・買い増すのか?
・買値からどの位の値幅(変化率)で考えるのか?
・買ってから、どのくらいの期間で考えるのか?
・投資の資金はいくらまで?

(ルールを決めたら投資環境整備をする)

マーケットを意識するために日経等の市場関連記事に接する習慣をつけましょう。

証券会社のセールスをつけるならば、情報を得るための手段と時間を決めておきます。

情報をアンテナ高く収集することを日常生活に組み込みます。

セミナー等に参加して見聞を深める、しかし鵜呑みにせずに自分で解釈判断をします。

経済と生活は一体、生活の中に情報やヒントそしてチャンスが沢山あります。 (マーケットは人間の心理が渦巻くところ)株価の決定要因はつまるところ需給関係になります。

売りたい心理と買いたい心理のバランスで決まります。常に冷静に判断できる気持ちを養うことが大事です。


▼マネーや最新情報に関する無料メルマガを配信中!

メルマガ登録はこちら

Twitter