個人投資家と、機関投資家の違いについて

・機関投資家

個人でなく企業体で投資を専門的に行うのが機関投資家です。

証券会社や銀行、保険会社などの金融系企業、投資顧問のような投資専門企業などがあります。

これらの企業の中には、多額の資金を集め、最先端の情報システムを駆使して分析や予測を行いながら、利益を上げていこうとするところもあります。

株式市場は、こうした機関投資家が占める割合が高いのが実情です。

・個人投資家

個人単位で投資を行うのが個人投資家。

現在は、自宅のパソコンで取引ができるインターネット証券の利用者が年々増えています。


▼マネーや最新情報に関する無料メルマガを配信中!

メルマガ登録はこちら

Twitter