株式投資で儲かる人と、儲からない人には特徴があります。

『投資性向社の5つの法則』
①リスク管理、損切りがされている
②成長する銘柄をきちんと選んでいる
③売り、買いのタイミングがしっかりしている
④投資心理をコントロールしている
⑤売買のマイルールを確立している

ポイントは知識、タイミング、マイルールの徹底

①リスク管理、損切りがされている
まずは、投資のスタンス、考え方が大切です。
(心構え)
投資の基本スタンスを決める。期間、投資対象セクター、金額、割く時間、etc。

②成長する銘柄をきちんと選んでいる。
投資先についての基本的な現状や、将来性をどういう風に把握しているか?
将来業績が上向くことが株価の上昇につながることを認識しているか?

会社が成長することが株価の上昇の大きな要因の一つだということです。

チャートを使って投資しようとする株が歴史的に見て、高い位置にあるのか?低い位置にあるのか?
どの辺に位置しているのか?というのを見て確認しましょう。
期間の長いチャートを見ればその位置がわかります。

(情報)
企業動向、経済情報、政治情勢、国際情勢など
多方面に興味、関心を持ち市場と結びつけて考えてみることが大切です。

③売り、買いのタイミングがしっかりしている
できるだけ、安値圏にあるほうが、投資のタイミングとしてはよいことです。
成長している会社なら、次第に上がっているのだけれども、なるべく過去と比べて高い位置にある時を避けて投資をするというのが重要です。
要はタイミングが重要ということになります。ここを押さえておけば、間違いは少なくなります。
(タイミング)
買い、売りのタイミング、チャートでの位置確認、セクター、銘柄による値動き、出来高の特性や特徴などをチェックしましょう。

④投資心理がコントロールできている
あたふたしない事。株はある意味、心理戦になりますので、冷静な気持ちと判断力が問われます。

⑤売買のマイルールを確立している
どんなに株価が上がっても、惑わされずに「20%上がったら売る」とか、株価が下がった場合は、「10%下がったら売る」というような損切りのルールを決めておくようにするとよいでしょう。


▼マネーや最新情報に関する無料メルマガを配信中!

メルマガ登録はこちら

Twitter