よくネットビジネスやアフィリエイト、ライティングで、

「ターゲットを明確に!」

という言葉を目にしますが、ターゲットの定義とは
一体何でしょうか。

そして、ターゲットを決めることでどんなメリットが
あるのでしょうか。

細かいターゲット設定はブログ読者へのメッセージ性を強くしてくれる

ターゲットを設定することのメリットは、

あなたが伝えたいメッセージを
読者により強く伝える効果が期待できる

というのがあります。

できるだけ大勢のユーザーに楽しんでもらえる記事作成は大切です。

ですが、あまりにもターゲットが広すぎると、かえって
万人受けすぎて、情報にとんがりがなくなってしまいます。

・年齢はいくつで?
・職業はどんな仕事をしていて?
・普段どんな雑紙を読んでいて?
・どんなことに悩んでいて?
・その問題を解消するために検索してるキーワードは?
・競合で既に購入した商品は?
・競合商品で満足してる点、不満に思ったことは?

など、年齢・性別・職業・収入・欲求・生活習慣といった
イメージの人物像を作り上げます。

その上で、「自分が提供できる価値は?」を考えます。

ターゲットを1人に絞りこむのはなぜ?

メルマガでも同様のことが言えますが、ブログの記事は

「1人のユーザーに向けて書く」

ことをおすすめします。

なぜかというと、ぎっちぎちに絞り込まれた
ターゲットであればあるほど、その1人の対象ユーザーの
心にグサっ!とくる記事が書けるからです。

「うおっ!これおれのことじゃん!」

と思われるような影響力の強いメッセージでないと、
万人に「へ〜」と思われて終わりの記事で終わってしまいます。

ターゲット設定は、ブログ読者にアクションを起こしてもらうため。

ブログのターゲット設定は、メッセージ性を高めると同時に
記事を書く最大の目的である「アクション」を起こしてもらう
為だと思っています。

アクションとは、商品購入、リンク先への誘導、広告のクリックなど
ブログ運営の目的に繋がる行動です。

アクションを起こしてもらう為には、アクションを起こしてくれる
ユーザーが深く知ることが大事です。

だからこそ、ターゲット設定が必要なのですね。


▼マネーや最新情報に関する無料メルマガを配信中!

メルマガ登録はこちら

Twitter