せどりはネット副業で人気ですから、誰よりも売れる本を仕入れてやろうと、ブックオフや古本屋はせどらーで溢れていたりします。

ですので、せどり初心者がいきなり参入してもなかなか結果がでにくく、せどりから退場する人も多いです。

しかも彼らは差益を出せているにも関わらずです。

その理由は何でしょうか?

安く仕入れても、安くしか売れない

例を挙げて解説します。

A:100円で仕入れた本が200円で売れた場合、利益は100円です。
B:100円で仕入れた本が1,000円で売れた場合、利益は900円です。

AとBどちらが儲かるでしょうか?

当然Aですよね。

何がいいたいかというと、どちらも利益はプラスです。

でも、「高く売れない本」を仕入れても、対して儲からない。

ということです。

市場で出回ってる価格帯とのギャップがあればあるほど、高く売れますが、市場で200〜300円程度で出回っている本を100円で仕入れても、たいして稼げません。

もちろん、薄利でも大量の本を仕入れて売れば大きな利益になりますが、個人のネット副業レベルでは難しいでしょう。

せどり初心者はまず高利益で売れる本を探すスキルを身につけよう

安く仕入れて高く売るには、「高く売れる商品かどうか」の目利きが必要です。

「安く仕入れられるから、マイナスにはならないだろう」と当てをつけても、高く売れなければ、雀の涙ほどの利益しか得られません。

今、せどりを実践中で、収支がプラスだけど対して儲かってない、という方は、是非仕入れを行う際に、「高く売られるか」を意識してリサーチしてみてください。


▼マネーや最新情報に関する無料メルマガを配信中!

メルマガ登録はこちら

Twitter