ビットコイン(Bitcoin)が話題ですね。一発大逆転を狙ってビットコイン(Bitcoin)に投資を検討してる人も多いようですね。

ビットコイン(Bitcoin)でできること

ビットコイン(Bitcoin)は、普段使ってるお金=通過と同じです。ビットコイン(Bitcoin)を使えば普通に物やサービスの対価として支払いができます。銀座の寿司屋さんでビットコイン(Bitcoin)での支払いを導入をして一時話題になったニュースもありました。

【導入事例】銀座の回転寿司「銀座沼津港」がビットコイン決済を導入した理由とは?

ただし、詐欺事件やお金が消えるといったネガティブニュースがメディアでピックアップされすぎて、「面白そうだけどちょっと怖い・・・」という方も多いのではないでしょうか。
確かに、円やドルなどの通過と違うところは、ビットコイン(Bitcoin)は現物の紙幣や硬貨がない「仮想通貨」なので、当然かもしれません。

ビットコイン(Bitcoin)と円、ドルなどの通過との違い

ビットコイン(Bitcoin)の大きな違いは、単純ですが、紙幣や硬貨を作る必要がありません。また、お金を管理する「中央銀行」という存在がありません。
つまりは、ビットコイン(Bitcoin)はどの国も国家が発行、管理、流通に関与していないのです。
「やばいやん!じゃあ誰が流通を管理してんねん!」
とツッコミが来そうですが。

ビットコイン(Bitcoin)の管理方法

ビットコイン(Bitcoin)での取引詳細は全てネット上に保存されています。ネット上に取引台帳がアップされてる感じです。ネット上にある大きな取引台帳に取引履歴を記録してますので、中央銀行といった管理法人や国家がいらないわけです。

そもそもお金って何だ

ビットコイン(Bitcoin)が出て来たことで「お金」の概念が変わっていきそうですね。私たちが今支払いに使ってるお金の1万円札は、いったら紙切れです。でもそれを「お金」として認めてるわけで使ってるわけです。ビットコイン(Bitcoin)もそれを「お金」と認識して信用してる人が買って流通させてるわけで、これからの未来で、ビットコイン(Bitcoin)がお金としての信用が多くの人から得られれば、怪しいものでもなんでもなく「当たり前のお金」になるわけで。ですから10年後とか、それよりもっと早く仮想通貨が当たり前のものになってるかもしれません。将来性は感じますが、もし投資するのであれば内容をちゃんと理解してから投資しないと、リスクが高いので気をつけたいですね。


▼マネーやビジネスに関する無料メルマガを配信中!

→ メルマガ登録はこちら