もちろんせどりはメリットばかりではありません。

デメリットについて述べていきましょう。

→ せどりのメリットはこちら

①せどりは時間と労力がかかる

オークション系のネット副業全般に言えますが、仕入れに時間をかけたり、配送作業を行ったりと、労働時間がけっこうかかります。

ビジネスが起動に乗れば載るほど、仕入にかける時間も長くなりますし、配送にも時間がとられます。
外注化する手もありますが、月収10万以上稼ぐとなると「目利き」的な能力が重要になりますので、素人のアルバイトを雇っても、仕入の品質が保てないことが多いです。

月収10万円を超えるのは非常にうれしいことですが、おそらくネット副業の片手間でビジネスを行うのに限界を感じてくるはずです。

ネット副業で稼ぐ金額を30万、50万と増やすには、事業として行うレベルになってくるので起業を検討したほうがよさそうです。

1人で会社を辞めずに大きく稼ぐのはなかなか難しいでしょう。

②せどりはほったらかしにできない

上記の「時間と労力がかかる」と少し重複しますが、せどりは自動化してほったらかし状態で稼ぐのはむずかしいです。

せどりの稼ぐ方式は、たくさん仕入れて、たくさん売ることです。

ですから、稼ぎ続けるには、常に仕入れ作業を続けるのが必須です。

仕入数を減らした途端、収入が激減するのは言うまでもありません。
※超高付加価値の商品を仕入れて、高い値段で売れる場合を除きます。

その点、アフィリエイトは自動化することができるので、ほったらかしを目指すのであればせどりよりもアフィリエイトをお勧めします。

③せどりは場所を取る

せどりは商品を発送するまで、自宅のスペースに在庫を抱えるため、場所を取ります。

1人暮らしで7畳程度の広さだと、けっこう生活スペースが狭くなります。

家が広くて問題ない、という方は対象外ですが、都内の一人暮らしには、整理整頓しておかないと部屋が圧迫されてしまいます。

これは稼げば稼ぐほど在庫を抱えるので、在庫スペースをどう確保するか?は継続して稼ぐたに解決すべき必須問題です。

もしも、大きく稼げるようになったら収納スペースを借りるのも1つの手です。

④せどりは完全自宅で完結しない

アフィリエイトや株などと違い、せどりは仕入れの為に、ブックオフや古本屋に出向く必要があります。

自宅でまったりネット副業したい、という方には向いていません。

立ち読みしたり、読書が好きだ、いろんな骨董品を眺めたり、フリマにでかけるのが好きだ、という方には向いています。

また、アマゾンや、ヤフオクなどネットから仕入れる仕組みを独自で作れればこの問題は解消されます。


▼マネーや最新情報に関する無料メルマガを配信中!

メルマガ登録はこちら

Twitter