どうせ出品するなら、1円といわず100円、1000円と高い方がうれしいですよね。同じ商品でも、ヤフオクの達人と素人では、落札価格に差が出てしまいます。その理由は何でしょうか?

高値で落札させるヤフオク達人技

1、1円スタートで入札数を稼ぐ
商品を検索する際に、落札価格の多い順で並べ替えるユーザーは非常に多いです。入札価格の数を手っとり早く増やす方法は、1円スタートにすること。最低安値なので、みんなどんどん入札してくれます。結果的に「人気の有る商品」「信頼できる出品者」という見られ方をされます。

以下、過去の出品で1円からスタート

車用プラズマクラスターを1円から出品して6,600円で落札してもらいました

ヤフオク_160619_1

こちらのアディダスのスニーカーも、フリマで500円で仕入れたものを、1円からスタート。2,400円で売れたので、1,900円の利益でした。

ヤフオク_160619_2

商品のタイトルを工夫することも大切です。【1円】や、サイズ、色、状態を記載すると、閲覧回数が増えやすく、結果的に入札件数も多くなる傾向があります。

ヤフオク_160619_3

2、備品や付録、箱も一緒に写真に撮る
結構大事なポイントです。コレクターなどは、包装されているケースや箱も含めて1つの商品と見ています。ですので、ケースがないだけで入札しない人もいるほど。

3、特典(おまけ)を付ける
メインの商品に関連する商品を特典としてプレゼントすると喜ばれます。例えば、キーボードを出品する際に、パソコンのディスプレイクリーナーをセットで付けてあげると入札数が増えます。特典自体は特段高価なもので有る必要はありませんが、商品と一緒に使用したり、あったらより便利なものを一緒につけてあげるととても喜ばれます。

工夫次第で、入札数も、入札価格も高くすることができるので、「購入者の人は、なにを求めてるか」を考えてみるとアイデアが湧いてくるかもしれませんね。

ヤフオクで落札しようとしている人は、1円でも安く買いたい、お店やネットではなかなか変えないレアな商品を探している、という方もほとんど。そういう人に即決で買ってもらえるような商品選び、出品テクニックを磨きましょう。


▼マネーや最新情報に関する無料メルマガを配信中!

メルマガ登録はこちら

Twitter