メルカリ
フリマアプリのメルカリなら、スマホで撮影→出品という超簡単手間なしで不要品を売ることができる。手軽さ、お小遣い稼ぎからユーザー数は急増。家の不要品や着なくなった服、アクセサリーはメルカリで売って賢く副収入を稼いじゃいましょう。
メルカリのインストール方法はこちら

オークションとフリマの違い

そもそもヤフオクとはどう違うの?という疑問が出ると思います。そこでオークションアプリとフリマアプリの違いを比較。

フリマアプリの場合はオークションのように、入札価格を追う必要がありません。これってけっこうポイント!だって、ヤフオクは最低価格1円で入れた場合、いくらで落札されるかわからない。「本当は1,000円で売れてほしいな・・・」と思っていた出品物も、入札がなく400円とかで取引が終了してしまうこともよくあります。落札されるのはうれしいですけど、ちょっと残念な気持ちになりますよね^^;

でも、フリマアプリなら、あらかじめ販売価格を決めておけるので、希望価格を下回ることがまずありません。スマホで入札価格を更新しながら、ドキドキハラハラする必要もなし。

メルカリで稼ぐコツ

1、ガラクタでもまずは出品!
「こんなの誰も買わないよ・・・」と諦める前にまずは出品してみてください。他のヒトからしたらお宝ものだったり、探してるヒトは意外といることに驚くはずです。家の掃除ついでに、粗大ゴミに出す前にまずはメルカリに出店!

2、写真は多角的に撮影
例えば、財布を出品する場合、財布を閉じた画像、カードを入れた時の画像、厚み、横からの見え方、裏、革の材質などがわかるように商品を多角的に撮ることが大事です。使用しているイメージが湧くような写真もあるとGOOD!商品説明でブランド名、素材、サイズ、状態などの詳細を書くことを追わすれずに。

3、出品時は送料込みの値段で表記
出品価格は、送料込みで記載するとトラブルにもなりづらいし購入検討者にもトータルの値段がわかりやすいのでおすすめ。メルカリはヤマト運輸と提携しているので、サービスを利用すると便利でうれしいですよね。

4、出品用写真は土日にまとめ撮り
平日忙しいサラリーマンにとっては、出社前や帰宅後はゆっくりしたいですよね。ですので土日の休日を使って写真はバーー!っと撮りだめしましょう。通勤時間や休憩時間、人との待ち時間のスキマ時間を有効活用して撮りだめした写真を使って出品する時間に充てましょう。

メルカリで稼ぐ方法 まとめ

スマホで写真を撮ってアップするだけ。この手軽さで不要品や着なくなった服がどんどん売れれば部屋も片付くし、お金は稼げるしで一石二鳥。忙しくてモノが多い人ほどチャンス大ありです。撮影方法1つで売れ方が大きく変わったり、時間の使い方次第で、出品数も大幅に増やすことができます。メルカリはスマホで手軽に稼ぎたい人に最高のアプリ!

まだ「メルカリ」のアプリをインストールしていない方はこちらを参考にインストールしてください。
メルカリのインストール方法はこちら


▼マネーや最新情報に関する無料メルマガを配信中!

メルマガ登録はこちら

Twitter