連動銘柄の恩恵を受けて株式投資で稼ぐことはよくあることです。

例えば、LINEが2016年の夏に上場準備というニュースが発表されたとたん、関連会社のアドウェイズ、ユナイテッドなどの株は買われてストップ高を記録しました。

夢の街創造は、業務提携のお知らせでストップ高の爆上げです。
LINE 株式会社との業務提携契約締結に関するお知らせ

LINEの場合は、株式公開の期待大や、直近の不祥事などで話題が高まっていたため、典型的な連動銘柄が上昇するパターンでしたね。

ただ連動してる銘柄だからと言って上がるとは限らない

当然ですが、連動銘柄だからって全ての銘柄が上昇するわけではありません。板の厚さがものをいいます。どんなにビッグニュースがあっても、板が厚くならないと値上がりはしないし、ストップ高になる銘柄も発生しませんよね。

もし、ある銘柄で株価上昇のニュースや材料があった際には、関連銘柄をいち早くチェック、その後に、板の厚さがどの程度かを見極める必要があります。もし、買い板も、売り板もさっぱり少ない場合は、もし買ったとしても値上がる確率は低いです。時間差で急騰することはありますけどね。ただし本当にまれなパターンです。

チャートの日中足をみよ

板の状況を見極めることが重要。そしてもう1つがチャート分析を怠らないことです。板が熱をもっていれば、買ってすぐ売っても利益は出せると思います。ただし、連戦連勝はむずかしいでしょう。最初は私もうまく買い気配の波にのって勝てましたが、やはり勝率がある程度のところで下がってきました。そこで改善したのが日中足をみるチャート分析です。

チャート分析といっても特段難しいことはせずに、日中足をみて、ストップ高するか、値上がり率は高いか、といった「裏付け」をとるぐらいです。でも、この人苦労がとっても大事。より確実に、より高い勝率で、より大きな利幅を獲得するためにも、チャート分析はとても重要な要素です。

まとめ|3つの要素

高確率で稼げる投資法。それは。次の3つ。

①連動銘柄の選定
②板の厚さを見極める
③日中足のチャート分析

この3つが揃ってはじめて高確率で稼ぐ投資法の完成だと考えています。というか、これだけですね。3つのうち、どれか1つだけでも駄目だし、2つでもだめ。3つが揃ってこそ、効果を発揮します。

私の好きな話なのですが、1本~5本足の椅子のなかでもっとも強度の高い脚の本数は「3つ」らしいです。一見4本が一般的な我々の椅子のイメージですが、実は3本なんです。少し話はずれると思うかもしれませんが、連動銘柄を狙う投資法とは違う別の優れた投資法でも、必ずなにかしらの3つの要素があると思うんです。何かしらの手法やテクニックには、3つの必勝要素が潜んでるものは高確率で勝てる。バランスがいいからです。

少し脱線しましたが、連動銘柄で稼ぐ手法は3つの要素が必須であること。そして、もし基礎トレードを応用してオリジナルの手法を創っていくには、なにかしら3つの要素を掛け合わせると勝率が高くなるということを覚えておいてください。


▼マネーや最新情報に関する無料メルマガを配信中!

メルマガ登録はこちら

Twitter