資金管理と同じくらいの信用余力の金額を管理することがとっても重要。空売りトレードをする場合、余力なしでは取引できないので、この金額に余裕があったほうがよい。「信用取引ってちょっと怖い・・・」という先入観をもっている人もいるかもしれない。でも、信用取引なしには資金が少ない個人投資家が大きく稼ぐ手段はない。FXで小資金から一気に億万長者に登りつめたトレーダーも多くがハイレバレッジでトレードしている。FXと株ではレバレッジの倍率が異なるので、ハイレバレッジで勝負したい人はFXにもチャレンジしてみるのもいい。しかし、FXの場合はレバレッジ倍率が大きい代わりに、強制ロスカットになる確率も上がるので中長期のトレードにはあまり向いていないと言える。どちらかというとスキャルピングを専門とするスキャルパーの主戦場って感じだね。

株のレバレッジは3倍と決められているから、100万円の投資資金があったら300万円までの信用取引が可能。投資資金に余裕があれば入金をコンスタントに続けて、余力を増やしていくことをおすすめする。僕も最初は30万円の入金から、給料やボーナスが入るたびに、生活費を圧迫しない程度にコツコツと入金していった。入金額が300万円を超えたあたりから最高取引額も約1,000万円となり、1回のトレードで勝負する枚数も増えて稼げる金額も大きくなってきた。ちょうど月10万円を達成した時もちょうど資金300万円ぐらいの時だったと思う。300万円あれば10万~30万以内の単元株であれば十分勝負できるので、今資金300万円に達していていない方は、当面の目標を資金300万円でトレードすることを目標としてみるといいかもしれない。

最初の頃は、「一体いくらでトレードするのが適切なんだろう」と悩んでいたことある。「資金は100万で?それとも最初は30万で試しトレードすべき?」といった感じで、当然最初は自分のトレードを見てくれる人もいないわけだから全くもってわからない。迷ってる方がいたらまずは100万入金してみて、余力がどのぐらい反映されるか、信用取引でいくらを上限に株が帰るのか?といったところを自分で調べてみるといい。管理画面で信用余力を確認したり、入金操作も早めに慣れておいたほうがいいしね。なんにせよ「自分で探して手を動かしてみる」ってことが大事。人から聞いたり学んだことは忘れがちだけど、自分で悩んで考えて見つけたやり方、工夫は忘れない。トレード自体にもいえることだけどそこは近道を探すより遠回りだとしても、考える努力は怠らないようにしよう。


▼マネーやビジネスに関する無料メルマガを配信中!

→ メルマガ登録はこちら