ども、海原です。
日経が23000円を突破して、週の後半からイケイケモードに切り替わった。ちょこちょこ逆張りで利食ったが、来週からはこの上昇トレンドがいつまで続くか、、。
続きは編集後記で。

─────────────
◆目次
─────────────
1.トレード振り返り
2.投資ノウハウ
3.ニュース
4.厳選良品
5.編集後記

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
【1.トレード振り返り】
22000円できれいに底を打ってから急上昇をつづけた日経。底値圏を探るのが難しい相場だったなーという印象。結果論ではあるが、押し目の抵抗線はきれいにラインをひける形で、うねり取りのスタンスとしては、次はどこで売りを入れるか。仕込んだ買いポジションをどう決済していくかという決断が次の戦略の重要ポイントになりそうだ。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
【2.投資ノウハウ】
■タイトル:トレードを楽しむことが上達の秘訣
株価に動きがないと、エントリーチャンスも発生しないし、利食いチャンスもやってこない。こういう相場が続くとほんとに辛い。板を眺めていてもドキドキしないしわくわくしない。やっぱり相場はちょっとぐらい荒いほうが四苦八苦しながら利益を勝ち取った時の喜びも大きく楽しい。無駄に苦しむ必要はないけど、楽しむ、上達するの過程に「壁」はつきものであってより高みに連れてってくれる香辛料みたいなもの。だから困難は何か上達するときには絶対必要不可欠な要素だと思う。

続き→ http://setsuyakun.com/archives/3322

■タイトル:「株価割安」は「株価が上昇する」につながらない

ファンダメンタルズでは、「株価が割安なので、絶好の買い時です」といった声をよう聞く。しかし、株価が割安だからといって、後で必ず株価が上昇するという保証はどこにもないということを肝に命じておかなければならない。 テクニカルで見た際も、移動平均線を大きく離脱して下落していると「そろそろ買い戻しが入るだろう」という思惑で逆張りの買いを入れても下落が止まらずに長期的な下落トレンドを形成することだってある。PERだのPBRだの数値上での割安感は数字の計算さえしてしまえば割安、割高といったことは安易に言える。しかし、

続き→ http://setsuyakun.com/archives/3320

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【3.ニュース】
・リーマン破綻から10年で世界は変わったのか
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180915-00237706-toyo-bus_all&p=1
ちょっと昔すぎて、果たして同じことが起こるかって言えばそうそう怒らないだろうけど、歴史的な大暴落がどのように引き起こされてそこからなにを学べるか、といったところは勉強になるかな。でも、やっぱこれもファンダメンタルとかアノマリー関連の情報仕入れたところで全く予期できない事象だよね。だからやっぱ相場の値動きに集中しとくのがほんといいと思う。下がった理由を調べるのは「悪手」で、知ったところで株価なんて金持ってる人が大量に売ったら下がるし、買われたら上がるだけなので「値動きに素直についていく」に越したことはない。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
【4.厳選商品】
・折りたたみ傘 60cm 簡単開閉 大判 軽量 メンズ (ブラック)

https://amzn.to/2NeeOMY
秋になって天気がほんと変わりやすい。朝は晴れてたのに、仕事から帰るときにはどしゃぶりになってて、そういうときに限って傘を持ってない、、、折り畳み傘ずきとしては軽くてでかい傘はこの季節かなり重宝。


▼マネーやビジネスに関する無料メルマガを配信中!

→ メルマガ登録はこちら