株価に動きがないと、エントリーチャンスも発生しないし、利食いチャンスもやってこない。こういう相場が続くとほんとに辛い。板を眺めていてもドキドキしないしわくわくしない。やっぱり相場はちょっとぐらい荒いほうが四苦八苦しながら利益を勝ち取った時の喜びも大きく楽しい。無駄に苦しむ必要はないけど、楽しむ、上達するの過程に「壁」はつきものであってより高みに連れてってくれる香辛料みたいなもの。だから困難は何か上達するときには絶対必要不可欠な要素だと思う。

 金が欲しいから、は根底にあっていんだけど、金目当てだけだと継続することって難しくて、何かしらの面白さ、楽しさ、達成感、満足感が伴わないとやっぱ楽しくないんだよね、で、楽しくないことって結局続かないんで、投資が稼げるものだとわかっていても、「おれに向いてない」「株は稼げない」という理想的な現実を手に入れられなかった自分を自分自身で哀れみないように本質とはかけ離れた別の要因、モノ、人のせいにしてします。そんでなけなしの自尊心をなんとか保とうとする。諦めた時に傷つかなくてメンタル的には楽なんだけど、いつまでたっても何も達成できないんだよね。辛くて泣きたくなるぐらいな時でもその先の自分を信じて頑張れるかってすごく大事。小手先のテクニックや、言葉で言うには簡単なメンタルコントロールなんかより「アホみたいにトレードが好き」って人間が結局残るんじゃないかな。


▼マネーやビジネスに関する無料メルマガを配信中!

→ メルマガ登録はこちら