続伸後の動きをどう見ていくかを注視していく展開。前日まで大きく下げていた日経も今日は200円近く上昇しており、TOPIX周りも上昇をしており、これまでの下げ展開から今日を起点にやや動きを感じさせる。前場に大きく上げたものについてはしっかり売りを入れて、買いで仕込んでいたものはじっくり引きつけて利食った。後場に入ってからは2パターンの動きに分けられる。1つは前場の上昇を引き継いてさらに上昇トレンドを形成しているもの。もう1つは前場の急騰を押し消すようにずるずる下げているもの。一部あげ続けてくれたおかげで全体収支が改善されているものもあり助かっているのと、問題のマネックス。ここまでずっと下げてきただけに転換期を伺っていたが、今日の動きをみるとややまあ買いの気配は薄くなさそうだ。このまま530円ぐらいまですっとあげてくれると助かるんだが。


▼マネーやビジネスに関する無料メルマガを配信中!

→ メルマガ登録はこちら