両建ては心理面で有利

買いと売り、両方のポジションを同時にもつこと。上げっても下がっても利益も出ないし損失も発生しない。じゃあ意味あるの?ってところでいうと、メンタル的に最高にやさしい。プラスもなければマイナスもない訳だけれど、その代わりに相場をものすごい冷静にみることができる。例えば逆張りトレーダーの場合、売りで入ったとしてその後に予想に反して株価が上昇した際にものすごい含み損を抱えてしまう。逆に純張りトレーダーの場合、買いで入ったとして株価が下がった場合、含み損を抱えてしまう。どっちも同じことだけど、含み損を抱えて凹まない投資家はいない。どんなに資金力があっても気持ちがいいものではない。感情を入れてはいけないと言ってもどうしても入ってしまうのが投資。そううまいこと人間強くないわけですね。「両建ては株価の動きを冷静に監視できる」ことはトレードにおいて、心理面でものすごく有利なわけです。

うねり取りの技術で稼ぐ

さて、両建てならメンタルによいということはわかっていただけたかと思います。ここからは積極的に利益を取っていきましょう。具体的には相場で稼ぐには「技術」が必要です。トレード技術は何度も練習して、さらに練習しての反復です。1日で身につけられるものではないのですが、身につければ株で大儲けできます。私が一生使える技術として推奨するのは「うねり取り」です。うねり取りとは相場の動きに沿いながら、買い増ししたり、ナンピンしていく手法です。うねり取りのメリットは「リスクを軽減することできる」ところです。

両建てとうねり取りの組み合わせが最強

両建てとうねり取りを組み合わせることで、冷静なメンタルで、リスクを軽減しながら、ダイナミックに稼ぐことができる、というわけです。私の場合、最初は両建てで入ります。その後、相場をじーっと監視しながら、上げ止まりや下げ止まりで逆張りを仕掛けます。売りで入ってさらにまた上がる場合は様子をみて細かく売りポジションを増やします。ここで注視すべきなのは、細かくポジションを持たないこと。さらに上昇した場合、含み損が大きくなります。銘柄によりますが、ある程度大きく動くまでナンピンは控えます。そして、ポジションを増やすことで、売りの平均価格をぐっと上げておいて利確の売り勢力が強まり下落トレンドに突入したらさらに積極的に売りをあびせます。そうすれば、売りでプラスマイナス0で損切ったとしても、両建ての時に保有していた買いポジションを決済すれば100%儲かるわけです。こんな感じで両建てを仕込みながらトレードしていくとスイングで1ヶ月〜3ヶ月単位でザクザク稼げるわけです。


▼マネーや最新情報に関する無料メルマガを配信中!

メルマガ登録はこちら

Twitter